News Vol.07

(Sorry almost written by Japanese.)

BACKDaisuke Bike index pageNEXT


2004.01.16 Sao Paulo,Brasil, 66,300 km New!

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ただいまブラジルのサンパウロに着きました。ここサンパウロではインターネットで知り合った日系人3世の石田さんにお世話になっています。宿泊から食事、また各地の名所を忙しい仕事の合間に連れていってくれ、さらに、私の旅を続ける収入を考えてくれ、各メディア、自転車屋さん、大手企業にスポンサーの交渉など、一生懸命になって交渉してくれます。まったくうれしい限りです。日本で仕事をしていたとき、これほどのすばらしい仲間に巡り合えなかったのですが、好きな自転車の旅に出てつくづくよかったと思うことはこんなすばらしい自分の力になってくれる友人に出会うことです。ここサンパウロには2週間位滞在予定です。これからリオデジャネイロに進みます。サンパウロではまづ日本領事館に訪れ各国のスタンプでいっぱいになったパスポートを新しく更新し、領事館宛てに送ってもらっていた手紙と荷物を受け取りました。約2年分で、33名の友人たちから24通もの手紙、はがき、小包などを受け取りました。日本の国旗やCD,音楽テープ、サイン入りのシャツなども受け取りました。まことにありがたいものでとても感謝しています。

ブラジル人は自転車旅行家を気に入ってくれ、絶大な歓迎を受けることがしばしばあります。おおらかな人が多く、人の家や消防署でよく泊めてもらうことがあり、泊めてもらうと、必ず、すごいたくさんのごちそうが出されます。もっと食べろ、もっと食べろと、裕福な家ではなくても、来客をもてなしてくれます。サンパウロは大都市なので治安は少々悪いようですが今まで通過してきた町では特に治安が悪いことはなかったです。明るく、家の前で音楽をがんがんかけて踊っている若者がよくいます。海岸では美人が多くなかなかです。人種の対立を感じないのもいいことです。もうしばらくブラジルを見てみたいと思います。また何か情報やら近況やら気楽に連絡いただければありがたく思います。

下の2枚は、友人がとってくれた写真です。










2003.11.25 Santa Catarina,Brasil, 64,983 km New!

Dear cyclists, How do you do?

I am a Japanese around the world cyclist started from Osaka Japan 1998. My name is Daisuke Nakanishi and 33 years old. I passed 5 continents and 62 countries in these 5 years. And I am in Florianopolis (south part of Brasil) just a moment. My weight of baggages are about 50 kg and my average of speed is 20 km per hour. I cycle 100km each day. My total distance of my pedaling is 65000km. I like pedaling and also I like trekking. I arrived to the top of Mt. Kilimanjaro and also top of Aconcagua and so on. The money??? I worked very hard at building constluction company 6 years to make money before this journey. I save money and continue my pedaling. I hope to continue my journey for 3 years more and visit 60 countries more. Maybe I can see Mt. Everest or I can meet Micheal Jordan one day! So, my money is not enough, I must always save money. I sleep many times at cyclist`s house,local person`s house, fire stations, polis stations, and also my tent. Of course I mede a lot of local friends on my journey in these reason. It is great!! If my journey was money (It means to pay good hotel, to pay good restaurant, to pay......), I would not make so much friends, I think....

My first stop in Brasil was Uruguaiana city, came from Uruguay. Carlos Ferrandis carlos@bicimundo.com and his wife Nara waited me. We met the first time was 2 years ago at house of cyclists in Los Andes, Chile.It is about 80 km north from capital `Santiago`. Mr. Eric Savard is owner of this house. He invited more than 800 bicycle`s travelers in his house in these 25 years for free!! Can you image?? Well, I stayed house of Carlos in Uruguaiana for a month. www.bicimundo.com Carlos gave me a lot of informations about Brasil and he contacted some Brasilian cyclists for me. So, I have some place to sleep at house of Brasilian cyclists at big city. Thanks Carlos and Nara. They will start around the world bike tour from next March!! Good luck!!!

My second stop in Brasil was Porto Alegre. Thanks to Carlos, a bicycle group `Bicicletada` www.bicicletada.org/poa waited me at park. They received me. Mr. Frederico was one of the member of Bicicletada invited me to stay his house a week. Mr. Frederico and Mr. Valter www.poabikers.cjb.net poabikers@yahoo.com.br help me to contact some bike shops to sponcership and TV station and News Paper. At last, I got 6 tires and pedals and talked 2 canal of TV and a paper. After I left Porto Alegre, sometimes people talked to me and someone gave me foods, someone gave me some informations and so on, because of TV or News paper. So, I do not have big Sponcers to give me money, but many local people help me like a suppoter!!

I am in Florianopolis just a moment. I stay great friendly cyclist Rony`s house. ronybedood@vol.com.br, gilbertofarias@hotmail.com

My next destination is to Curitiba, Sao Paulo, Rio, Belo Horizonte, Foz do Iguazu. I will visit next house of cyclists. ... Curitiba (End of November)/ Sr. Fabio Wasilewski fabio.wasilewski@bol.com , Sao Paulo(beggining of December)/ Sr. Edoson Ishida
ishida@hai-net.com.br , Rio de Janeiro(middle of December)/ Sr.Fabio Teixeira de Melo fptmelo@br.odebrecht.com , Belo Horizonte/ Sr. Leonardo Gomes Alves lalves@infovias.com.br

Thank you to Great Brasilian cyclists!! See you!!

If you have some informations, or if you want to write me an e-mail, please write English.



2003.11.11 Gravatai,Brasil, 64,234 km New!

こちらはただいまブラジルの南部を走行中です。ちょうど夏に入ろうとしている頃で、日本の初夏のような暑さです。
5年あまりも乗り続けている自転車はあちこち修理や部品交換が必要となり、お金がかかるわけですが、各地で本当に親切な人達に出会うおかげでただで修理してもらったり、部品をいただいたりします。世界は広く、いろんな人間が住んでいるわけです。まったくの他人なのに、共通の自転車好きということで家に泊めてくれる人もいますし、食事をごちそうしてくれる人もいます。旅が楽しいと感じるのはそんな人々と出会うときでもあります。

人口150万人。ブラジルで6番目に大きな都市であるポルトアレグレには、友人であり、ウルグアイアナの町で1ヶ月お世話になったカルロスさんの紹介で自転車仲間のロナルドさんに会いました。私がポルトアレグレに着いたちょうどその日、ロナルドさんが所属する自転車クラブの集会のある日で、役30人のメンバーが公園に集合していて私を待っていてくれました。ロナルドさんが事前にみんなに連絡しておいてくれたのでみながとても温かく迎えてくれました。メンバーの中で大きな家に住むフレッジさんが私の宿泊を世話してくれることになり、ヴォルターさんが私のためにスポンサーになる自転車屋さんやマスコミに交渉してくれることになりました。その外数人の仲間がいろんなプレゼントをくれました。

このクラブはポルトアレグレの町で自転車ずきの仲間が月1度、日曜日と、週3回夜にみんなが集まっていっしょに町中をサイクリングする集団で、ことしの1月に創設。年に数回キャンピングをかねて遠征にも出かけるとか。会費は無しで、リーダーも特にいなく、自主的に集まって仲間同士の親睦を図るというものです。集団の楽しさは、共通のサイクリングで話題ができ、日ごろのストレスの発散や、自転車のマナーの向上や知識などの情報交換ができ、集団であればさらに、自動車の運転マナーの悪さを指摘し、改善の運動や自転車道路の復旧など社会に対してもアピールできるかもしれません。地球に優しく社会にもよく、健康にもいい自転車がもっと復きゅうすれば。。。こんな市民の自転車クラブがブラジルの各地に広がって行っているそうです。ブラジルはウルグアイやアルゼンチンやチリに比べていい自転車がたくさん走っているのにきずきます。残念ながらブラジルの交通マナーは非常に悪くて、自動車が歩行者や自転車に優先して強引な運転をするドライバーの多い国です。私がテレビや新聞に出て少しでも一般の人々に自転車に対する安全やよさを認識してもらう・ アとができればいいと思います。



2003.10.04 Uruguaiana,Brasil, 63,335 km New!

皆様こんにちは。お久しぶりにメイルをお送りします。お元気ですか。

タンデム(2人乗り自転車)の二人は自転車で世界旅行中のドイツ人夫妻ピーターさん、アンドレアさん。そしてその他は自転車屋(サポバイク)主人パブロさんとその仲間たちです。





2003.09.29 Uruguaiana,Brasil, 63,332 km

皆様こんにちは。お久しぶりにメイルをお送りします。お元気ですか。

私の方はやれやれブラジルに入ってきました。予定より行程がかなり遅れてしまいましたが大事なことはモ今現在モやれることをできるだけやること。をモットーに旅を続けています。おかげさまでここまで特に大きな悲惨な目に会わずに来れたことは持ち前の運のよさだけでなく多くの人たちに助けられてきたことによることと思います。改めて皆様に感謝いたします。

 スペイン語圏に長くいるとスペイン語がある程度話せるようになってきます。私のように一人で、それも自転車で旅していると多くの人が話し掛けてきてくれ、次第に言葉が上達してきます。新聞やテレビにしばしば出る機会があり、出演するとまた多くの人から話し掛けられまた新たな人との出会いができます。たくさんの友人がこのたびでできました。私の友人には貧しい人から裕福な人、頭のいい人、いろんな職業と千差万別です。ただ一つ私の友達たちの共通点は正直なことです。

 中でも印象的な友達は、ウルグアイのモンテビデオにすんでいる自転車修理屋さんです。名前はパブロ。年は25歳と若いのにもう7年も小さな自転車修理屋のオーナーとして働いています。毎日自転車修理で、手も服も油と泥で真っ黒になりながら働き、収入は1ヶ月でわずか200ドル。これでは家賃と光熱費と食費で後はほとんど残りません。人望が厚くていつもこの店には多くの彼の仲間たちが集まってきます。ウルグアイは経済が悪く、失業率が17パーセントですから、彼の仲間の多くがやはり失業者のわけです。パブロ君はいつもやってくる仲間たちにマテ茶や食料を分け与え、私に対しては家族の一員として扱ってくれました。そしてついつい2ヶ月近くも居候してしまったわけですが、知識の豊富な彼から、ウルグアイの歴史や、文化などたくさん学ぶことができました。別れるとき、彼は涙を流して見送ってくれました。こんな旅をしていると、よくすばらしい友人に巡り合うことができますが、付き合いが深まれば深まるほど、相手を理解すればするほど別れるのがつらくなります。私がこの5年の旅で、本当の家族以上の中に入れてくれた友人がどれほどいること かと、これは我ながら自慢できます。またこんな人たちに再会したいものです。

 さて私は今ブラジルの、アルゼンチンとウルグアイの国境の町、ウルグアイアナにいます。3年前からインターネットで交信し、1年半前チリのロスアンデスで面会し、それからずっと、この家に私がやってくるのを楽しみに待ってくれていた自転車旅行化の夫婦の家にいます。彼らはコンピゥーターを売る店を経営していますが、今年いっぱいで店を売り払って、来年の3月から世界一周自転車旅行に出る予定です。彼らの家には、この4年間に世界の自転車旅行者がやってきて、合計20人がお世話になっています。日本人は私が初めてです。彼らのように自転車旅行ずきで自転車旅行者に我が家を開放してくれる家が、世界各地に広がって「ます。まったく私にとってはありがたいことです。カルロスさんのホームページはこちらです。見てください。私の写真が掲載されていますよ。

 私はこれからポルトアレグレ、クリチバ、サンパウロ、リオデジャネイロ、イグアスの滝、パラグアイ、ボリビア、ペルー、と進んでいきます。何かとっておきの情報や近況などお知らせいただければうれしく思います。

 ではよい1日を おすごしください。

Dear friends, Oi tudo Bem? How are you doing?

I am all right. I arrived Brasil a week ago. My journey was too late from my first plan, but the important things for me is "to doing now"as I want". So, I was satisfied my travel very much. I saw many things and made a lot of friends. Thanks for many people,I did not take so big miserable problem until now. Thank you for your company.

I spent so much time in Spanish countries in south America. Of course almost I was alone with my bicycle. Thanks to Many friendly south american people talk to me, I could have a lot of chance to study Spanish without pay. I can speak some Spanish at last. Also sometimes I performanced TV, radio, news paper, magagine, then I could have a chance to know new friends. Also many nice friends gave me a lot of information by internet. So, I have a lot of different kind of friends in my journey. For example, someone is poor, rich, very intelligent, diffrent job, famous, and so on. But only one community thing is honest. All af my friends are honest.

One of the most impressive my friend lives in Montevideo, Uruguay. His name is Pablo. He is a owner of small bicycle repair shop "SAPOBIKE"in Montevideo from 7 years ago. sapobike@hotmail.com He is a 25 years old. He works a lot of time and he spoils his hands and clothes every day. At last he makes a money about 7 US dollars per day. He makes 200 US dollars per month. " Uruguay is poor country!? "you think? The cheapest place to stay in Montevideo (YHA) is cost 8 US dollars per a night!! The situation about economy in Uruguay is very bad!! 17 percent of people in this country are unemployment..... Pablo has many friends. Also some friends of him are unemployment. He gives Mate (tea) and foods to them. But his income is too small for him. He spend all money to rent a shop, expenses for light, fuel and foods. So, he can not travel by bicycle if he want to do. But his heart is big and so friendly. He invited me to stay his house nearly 2 month. I studied a lot of things about Uruguay from him. I also talked about my bike trip and other countries things. He is very gentleman and intelligent. We understood each other. But when we understand each other more and more, it get difficult to say "good-bye". When I left Montevideo, Pablo cried and cried for me....

I love all my friends, and I have proud of you that I have so many such a nice friends all over the world!!

Well, I am staying in the house of Brasilian cyclists in Uruguaiana, Brasil. It is boader town between Brasil and Argentina and Uruguay. Their name are Carlos and Nara. Their house is named "Casa de Ciclistas"(house for cyclists). They invite their house to all bicycly travellers for free to stay. They invited about 20 bicycle travellers in this 4 years. They are a member of house for cyclists of French list(CAC) http://www.cci.asso.fr/cac.htm and a member of house for cyclist of Canadian list(WSH) http://www.rogergravel.com/wsl/

We started to contact each other from about 3 years ago. The first time, we met 1.5 year ago. It was Los Andes , Chile. After that they waited me to visit his house. So, we are very happy to meet again at here. Of course we talked a lot of things. They help me a lot!! They are a owner of comput er shop to sell some soft and repair computer. But, they will sell this shop soon and will start their travel around the world by bike from March 2004!! They are so friendly couple. carlos@pampanet.com.br I must go on my road soon, so, we must have sad time soon....

The life is only once. What life is best for you??

regards, Daisuke

P.S: my new photoes are here. Please see it! http://www.bicibundo.com



2003.09.28 モンテビデオ/ウルグアイ 63,332km New!

 6月13日、アルゼンチンのブエノスアイレスの端にあるティグレ港から世界一広い河口といわれるラプラタ河を小型船で渡り、ウルグアイにあるカルメロの町に着いたとき、まさかこの小さな国に3ヶ月もいることになるとは想像も及ばぬことだった。南米ではスリナムに次いで2番目に小さな国で、直線距離では700km。ガイドブックには特にすごい見所が載ってないし、物価は両隣国であるアルゼンチンやブラジルより高い。いいことといえば、治安がよさそうなことくらいで、まあ、1週間もあれば走り抜けてしまうだろう。と、思っていた。

 カルメロから3日ペダリングして首都のモンテビデオに到着した。安宿はユースホステルで、8ドルもする。4日も滞在すればもうモンテビデオにあきはじめ出発を考えはじめた矢先、後輪のスポークが1本折れているのに気づいた。インターネットで交信しているブラジルの自転車旅行家のカルロスさんから紹介してもらったモンテビデオ在住の自転車好きの青年、アーネスト君に連絡を取ってみると早速彼が宿にやってきた。そしてすぐ彼の友人の自転車修理屋さんに連れていってもらい紹介してくれた。自転車修理屋さんはモンテビデオの古い町並みが続く旧市街の中にあり、狭く小汚い店に元気な若者が一人働いていた。自転車修理屋の名前はサポバイク。オーナーはこの若い青年パブロ君。自転車が好きで17歳のときから店を一人で初めて、もうすでに7年になるという。私のたびの話に興味を持ち、修理代をただにしてくれただけでなく、頼みもしないのに自転車の各部品を分解し、掃除して、潤滑油までつけてくれた。おまけに、その次の日から宿を出て彼の家に泊めてもらうことになった。

 モンテビデオでの滞在が伸びた。英語が堪能で知識の豊富なパブロ君がいろいろとウルグアイの歴史や食べ物、文化、そしてたくさんの友人を紹介してくれた。おかげで新聞2社、雑誌3社、テレビにも1社出演することになった。さらにウルグアイの著名人にも何人かあうことができた。モンテビデオでは雪のロスアンデスでの飛行機事故で人肉を食べて生存を成し遂げたフェルナンド.パラドさん、1971年軍事政権の時代に政治犯として投獄された囚人111人が同時に脱走し、ギネス記録になった脱獄者の中で現在国会議員になっているホセ.ムヒカさんにフェルナンデス.ウイドブロさん、作家のダニ−ロ.アントンさん。モンテビデオから170キロ東にあるプンタバジェナの町では芸術家のカルロス.パエス.ビラロさん。さらに30キロ東にあるプンタデルエステの町ではマルドナド県の県知事、警察署長。そして、モンテビデオを去り、300キロ北西にあるパイサンドゥの町ではオリンピックのオーストラリア大会で自転車レースで銀メダルを手にしたミルトン.ウイナー選手。

 結局パブロ君の家に合計して2ヶ月近く滞在させてもらうことになってしまった。彼の口癖はもうしばらくゆっくり休んでいけばいい。ベジタリアンで肉を食べない彼だが、私のためにレストランでアサド(焼き肉)をごちそうしてくれた。収入は1日あたり、わずか7ドル。店の家賃と電気代、水道代、電話、ガス、そして食費で毎日の収入のほとんどが消えていく。それでも彼は私を家族の一員として扱ってくれ私に無駄遣いをしないよういつも気を配ってくれた。彼には私のような旅ができないが、そんな私が見てきた彼の知らない世界の話を熱心に聞いてくれた。そして最後に私がモンテビデオを去る時涙を流して見送ってくれた。またいつかあいたいね。パブロ君に会わなければウルグアイにこんなに長くいなかっただろうし、ウルグアイのことをこんなにいろいろと知ることはなかっただろう。


イースター島出発以降、現在に至るまでの足跡は以下のとおりです。

02/1/18 Easter island, Chile (イースター島、チリ)---1/23 Santiago, Chile,(サンチアゴ、チリ)-----1/27 Los Andes, Chile(ロスアンデス、チリ)サンチアゴの北80km---------2/1 Valparaiso, Chile,(バルパライソ、チリ)サンチアゴの140km 北西の港町-----------2/17 Ushuaia, Argentina(ウスアイア、アルゼンチン)世界最南端の町---------3/8 Punta Arenas, Chile(プンタアレナス、チリ)チリ南部の大きな町------------3/27 El Calafate, Argentina(カラファテ、アルゼンチン)-------4/15 Coyhaique, Chile(コヤイケ、チリ)--------4/29 Castro Chiloe island, Chile(カストロ、チロエ島)---------8/30 Puerto Montt, Chile(プエルトモン、チリ)--------9/3 Osorno, Chile(オソルノ、チリ)------------9/9 Bariloche, Argentina(バリローチェ、アルゼンチン)---------12/3 Los Angeles, Chile(ロスアンゼルス、チリ)サンチアゴより500km南-------12/10 Santiago, Chile(サンチアゴ、チリ)---------------12/12 Los Andes, Chile(ロスサンデス、チリ)--------12/15 Aconcagua, Argentina-(アコンカグア山、ア・ 泣[ンチン)ロスアンデスより70km東----------2003/1/5 Los Andes, Chile(ロスアンデス、チリ)----------------4/10 Mendoza, Argentina(メンドサ、アルゼンチン)-----------4/25 San Juan, Argentina(サンフアン、アルゼンチン)メンドサの北200km--------5/1 Cordoba, Argentina(コルドバ、アルゼンチン)--------5/15 Buenos Aires, Argentina(ブエノスアイレス、アルゼンチン)---------6/13 Carmelo, Uruguay(カルメロ、ウルグアイ)モンテビデオより250km西--------6/17 Montevideo Uruguay(モンテビデオ、ウルグアイ)--------7/17 Punta del Este, Uruguay(プンタデルエステ)---------8/13 Montevideo, Uruguay(モンテビデオ、ウルグアイ)-------9/20 Uruguaiana, Brasil (ウルグアイアナ、ブラジル)ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジルの国境の町


BACKDaisuke Bike index pageNEXT